top of page
  • 執筆者の写真somutamu

サームヤーン市場とドラゴン タウン

更新日:2023年5月23日

バンコクのあちこちには小さい市場があり、そこではいろいろな食料品や日用品が売られていますが、広い売り場面積があり、大きい駐車場があるサームヤーン市場はバンコクの胃袋をまかなう市場で連日多くの買い物客で賑わっています。


地図

地下鉄サームヤーン駅から車で4分


営業時間:朝5時から夜11時まで


(時間変更があります)

カオパット、カイチアオ、カイダーオ、タイ料理やタイのお菓子には大量の卵を使いますので卵専門店があります。

麺専門店ではバーミー、クイッティアオ、パッタイなど各種の麺を取り揃えております。

豆腐屋さんです。


バンコクには中華系タイ人がたくさん住んでいますので、臭豆腐にでもするのでしょうか?

漬物屋さんです。

中華ソーセージ屋さんです。

肉屋さんです。


今夜のおかずに鶏のから揚げはいかがでしょうか?

バンコクではアヒル焼きもよく売られています。

魚屋さんです。


タイでは主に淡水魚が食べられています。

1メートルくらいある大きい魚です。


3枚におろせるかな?

トムヤムクンがいいかな?すり身にしてトードマンクン(エビのさつま揚げ)がいいかな?


エビが1キロ500バーツです。

新鮮マナオ(タイのライム)を一緒に買ってクンヌンマナオ(蒸しエビのライムあえ)にでもしましょうか。


1キロ1200バーツの高級エビです。

お米屋さんです。


タイではジャスミンライスの他にもち米などいろいろなお米を食べます。

日本のカップラーメンが売っていました。

色とりどりの果物が売っています。


フルーツパーラーでも開けそうです。

八百屋さんです。


日本ですと大雪や大雨の影響で葉物野菜が値上がりしてしまいますが、タイは農業国ですので、野菜の値段が安くて助かります。

今夜のおつまみにいかがですか?

市場にはフードコートもあります。


鍋パーティーやイベントなどの食材をそろえるならサームヤーン市場が便利かもしれません。

サームヤーン市場の近くに香港やマカオを模したフードタウン「ドラゴン タウン」が建設中です。

ドラゴン タウンまではサームヤーン市場から徒歩5分ほどです。

窓からジャッキーチェンが飛び出してきそうな雰囲気です。

かわいい中華娘のお出迎えです。

なんだか香港映画のワンシーンに出てきそうな光景です。

まだまだ建設中ですが、一部のテナントでは営業を行っています。

「ドラゴン タウン」が完成したら、香港やマカオのように賑わうのでしょう。

閲覧数:236回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page