• somutamu

Seventeenth Canal:オンヌット通りプラカノン運河沿いにあるカフェ

Seventeenth Canalはオンヌット通りソイ17にある、大通りから離れてた隠れ家的なカフェです。

バンコクのカフェ

営業時間:朝8時から夜8時まで

お店はソイ17の角を曲がってすぐですが、小さな看板しかないので見つけずらいかもしれません。

こちらがお店の入口になります。

この通路を通るとお店になります。


どんなお店なんでしょう。

お店に到着!!


なんだか秘密基地を見つけた子供のころに戻ります。

こちらのカウンターで注文します。

Seventeenth Canalのメニュー


こちらはコーヒーのメニューです。

こちらはコーヒー以外のドリンクメニューです。

パンのメニューです。

こちらは軽食のメニューです。

アメリカンコーヒーを注文しました。


値段90バーツです。


程よい苦みとキレのある美味しいコーヒーです!!

フワフワ、ふかふかの蒸しパンも注文しました。


このお店は注文するとパンを温め直してくれます。


安い蒸しパンですと歯の裏にくっついたり、胸につかえたりしますが、このお店の蒸しパンは柔らかく、スルッと飲み込めるくらい上手に蒸しています。


紫色の蒸しパンは芋の蒸しパン


茶色の蒸しパンはコーヒー味


黄色の蒸しパンはクリーム味


それぞれ微妙に甘くておいしいです!


Seventeenth Canalの店内

店内には柔らかいソファーがあり、アメリカ映画に出てくるリビングのようにくつろぐことができます。

室内はオープンになっていて解放感があります。


また、奥の棚にはTシャツなどを販売しています。

このお店はたくさんのテラス席があります。


運河の心地いい流れの音が、ここがバンコクだということを忘れさせてくれます。

日陰の下で本を読むのもいいかもしてません。

なんだかキャンプに来たみたいです!

イスが苦手な人はこんな席もいいかもしれません。

家族で来た場合はこんな席もいいかもしれません。

このお店、コーヒーや軽食だけでなく、サボテンも販売しています。

その他、可愛らしいサボテンの植木鉢も販売しています。

プラカノン運河沿いに隠れたカフェ、「Seventeenth Canal」でのんびり過ごしてみるものいいかもしれません!



閲覧数:62回0件のコメント