• somutamu

アヒルの焼き鳥のお店:ペット ヤーン パタナカーン50

更新日:2月24日

バンコクでは「ペット ヤーン」のお店が多いです。

この「ペットヤーン(เป็ดย่าง)」の意味ですがタイ語で「ペット」はアヒルの意味で「ヤーン」は焼くとの意味、つまり「ペット ヤーン」とはアヒルの焼き鳥のことです。


以前、タイ人の友人から「日本ではアヒルは食べないの?」と聞かれたことがあります。


日本では焼き鳥というと鶏となりますが、タイでは中華系の人が多いのでバンコクでは「ペット ヤーン」


というのも私の妻はタイ北部パヤオ出身なので、北部では主に鶏が食べられており、アヒルを食べる習慣は中華系の人に多いそうです。


この日、昼時にパッタナカーン通りで車を走らせていたとき、妻から「ペット ヤーン」がおいしことで有名とのことで「ペット ヤーン パタナカーン50」にさっそく行ってみました。


営業時間:朝7時より夜9時まで。

店に雰囲気はどこでもタイではどこでもあるようなお店ですが、妻の話ではこのお店、バンコクではかなりの有名店だそうです。

メニューはタイ語のみです。


タイ語が読めても、それが何の料理だかわからない私は妻に注文を任せました。


私はこのお店に来たことがありませんでしたが、妻は何度か来たことがありますので妻のお勧めの料理を選んでもらいました。

メニュー以外のアラカルトメニューの料理の写真が壁に貼ってあります。

このお店はデリバリーも対応しています。

テーブルの上には調味料が置いてあります。


左にある茶色の素焼きの壺にはナンプラー(魚醤)で右の白の素焼きの壺には中華醤油が入っています。


赤の容器は砂糖でオレンジの蓋にはコショウが入っており、奥のコップにはお酢が入っています。

カーオ ペット パソム ムーデーン 60バーツ(約180円)です。


ムーとは豚、パソムはタイ語で混ぜる、つまり、ご飯にアヒルを焼き豚乗せとの意味です。

カーオ ペット パソム ムーコープ 60バーツ(約180円)


こちらはご飯にアヒルと揚げ豚肉乗せです。


どちらも、アヒルの肉のジューシーさがたまらず、揚げ豚肉も焼き豚もご飯とマッチしておいしいです!

ギョー ムーデーン 40バーツ(約120円)です。


これに卵麺を入れるとバーミーナーム(タイラーメン)になります。


具材のワンタンと揚げ豚がジューシーでスープはあっさりしていておしいしいです!!

トゥン ユア パイ 40バーツ(約120円)です。


これは漢方のスープで中にある白いものは竹の中身です。


体に効きそうなスープです!!!

この他にもたくさんメニューがありますので次の機会にいろいろ食べてみたいです!!!


閲覧数:41回0件のコメント