top of page
  • 執筆者の写真somutamu

アユタヤのボートヌードル:メイチュアム ボートヌードル

更新日:2023年7月11日

世界遺産の街アユタヤは18世紀まで都であったために運河による交通や物流が盛んでした。


そんな船の中で手軽に食べられていたのがボートヌードル(タイ語でクイッティアオ ルア)です。


そのようなことからアユタヤにはボートヌードルのお店がたくさんありますが、人気店「メイチュア ボートヌードル」ではたくさんお客さんがボートヌードルをすすっています。


地図

アユタヤ駅から車で3分


営業時間:朝8時から夕方5時まで


(時間変更があります)

店内

オープンスペースの店内はローカル感があります。


メニュー

メニューにはボートヌードル以外にもご飯ものやチャーハンなどがあります。

ということで豚肉のボートヌードルを注文しました。


値段は25バーツです。


もともとボートヌードルと言うように船の中で小さい丼で食べられていましたので量は少ないです。


私は米麺を選びましたが妻は春雨をにしました。


このスープの材料は黒醤油や各種の香辛料とともに牛や豚の血を加えます。


そのためスープはレバーのような濃厚の味です。

キアオトムを注文しました。


値段は50バーツ


エビと豚肉たっぷりのシュウマイのような味でおいしかったです。

「メイチュア ボートヌードル」は世界遺産「ワット プラ マハータート」からレンタルサイクルを利用すれば5分かかりませんので、昼ごはんや小腹が空いたはいかがでしょうか!

閲覧数:199回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page