• somutamu

白亜のお堂があるお寺:ワット トーンクン

「ワット トーンクン」には雪を被ったような白い白亜のお堂があります。


地図

ワット トーンクンはバンコクから車で約1時間です。

「ワット トーンクン」は地元の有力者による土地提供で1986年10月に完成した新しいお寺です。


そのため、現在でも境内にはお堂の建設工事が行われています。

完成したお堂の前には白亜の仏像が祀られています。

お堂の中にはサングラスをかけた仏像が、、、

そのサングラスをかけた仏像の後ろに、もう一つの仏像が、、、


妻の話では宝くじにご利益があるとか、、、

白亜のお堂にはきれいに装飾されたお堂があります。

入口には派手な色の竜が鎮座しています。

お堂の中にはミャンマーの神様が祀られています。

装飾された柱の前にタイ王室の紋章でもあるガルーダが祀られています。

きれいに装飾された大仏の足跡です。

お堂の奥には金色と銀色の仏像が祀られています。

こちらにも銀色の仏像が祀られています。


この仏像が祀られている下にはたくさんの仏像がありますが、それらすべてがお墓でしたので、慌てて写真を消去しました。

閻魔様でしょうか?


境内の奥にはたくさんの仏像が祀られています。

また境内には見ているこっちまで微笑んでしまう、中国の神様が祀られています。

「ワット トーンクン」は新しいお寺のために改築が行われています。


数年後に完成した白亜のお堂を見てみたいです。

閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示