top of page
  • 執筆者の写真somutamu

祖国解放の戦死者を弔ったお寺:ワット ター クラダーン

チョンブリにあるお寺「ワット ター クラダーン」はアユタヤ時代後期に建てられたとされています。


地図


境内の様子

境内にはタークシン王を祀るお堂があり当時を再現した兵隊に守られています。

こちらのタークシン王の像にお参りしてきました。


タークシンが戦死者を弔う

「ワット ター クラダーン」の境内の奥には仏塔が建てられています。


1767年にビルマ軍によりアユタヤ王国は滅亡しますがタイ東部ラヨーンに落ち延びていたタークシンは祖国解放の兵を募りました。


そして「ワット ター クラダーン」にて祖国のために戦死した兵の火葬を行いの仏塔に納骨をしました。

21世紀も半世紀を過ぎようとしていますが世界は今なお一部の権力者や独裁者により戦争や紛争が続いています。


こんな現状に祖国解放のために亡くなった戦死者たちは嘆いているかもしれません。

閲覧数:107回4件のコメント

最新記事

すべて表示

4 Comments


ふじた のぶこ
ふじた のぶこ
Sep 16, 2023

自分の命を自分の為に全う出来ないってあってはならない事だと思います。       ココ

Like
yoshiaki2007
Sep 17, 2023
Replying to

ええ、21世紀も四半世紀が過ぎようとしているのに一部の権力者が原因で未来ある若者が命を落とし罪もない人が犠牲になるのはあってはならないです。

Like

お気楽インコ 鳥天国
お気楽インコ 鳥天国
Sep 12, 2023

日本で言うと護国神社や靖国神社ですね。

国を守るために亡くなった人たち、今の情勢を見て何を思うんだろうねー

Like
yoshiaki2007
Sep 13, 2023
Replying to

ええ、時代が変わり世界は2度も大きな戦争で犠牲者を出したにもかかわらず今なお戦争や紛争が続く様子を見て、祖国のために亡くなった戦死者はいつになったら安らかに眠れるのか、と怒っているでしょうね。

Like
bottom of page