top of page
  • 執筆者の写真somutamu

象の悪霊の祟りじゃ~!!!:ワット プロートサット

アユタヤにある「ワット プロートサット」は1692年に建てられた歴史のあるお寺でアユタヤ王国時代には国王自らスリランカへの仏教使節の派遣の儀式が行われていました。


地図


スリランカに仏教使節を派遣する

アユタヤ王国34代ボーロマコート王(在位1733年ー1758年)の治世にはオランダやポルトガルなど交易の影響でタイ仏教が衰退していました。


そのためボーロマコート王は上座仏教の本家スリランカに使節を派遣することを決めました。

こうして「ワット プロートサット」でボーロマコート王による使節団の派遣の儀式や帰国した使節団の歓迎の儀式などが行われました。


そして使節団がスリランカから持ち込んだ上座仏教がタイ仏教の基礎となり現在まで引き継がれています。


象の悪霊の祟りじゃ~

その昔、邪悪な魔法使いが死者の骨を集め呪いをかけた象の悪霊をチャオプラヤー河に浮かべました。


そして邪悪な象の悪霊の祟りのために周辺の村人の多くが病気で苦しみました。


この象の悪霊に困り果てた村人はある高僧に聖水による除霊の相談をしました。


相談を受けた高僧は聖水のありかを探しました。


そして結界となっていた「ワット プロートサット」に辿り着いた高僧はチャオプラヤー河を指さしここの水が聖水と村人に告げました。


こうして汲み上げられた聖水により象の悪霊を除霊し病気であった村人も回復でき以前のような穏やかな日常に戻りました。

アユタヤ観光

しかし、文献を見る限り象の悪霊をつくりだした邪悪な魔法使いのその後が書かれていません。


この邪悪な魔法使いが現代に姿を変えて甦り、あなたのすぐ近くにいるかもしれません、、、(;゚Д゚)

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page