top of page
  • 執筆者の写真somutamu

ナーンの街並みを見下ろす仏像:ワット プラタート カオノーイ

標高240mのカオノーイ山に建てられた「ワット プラタート カオノーイ」には高さ9mの仏像がそびえ立ちナーン市内の景色が一望できます。


地図

ナーンナコーン空港から車で17分


拝観時間:朝6時から夕方6時まで


(時間変更があります)


ワット プラタート カオノーイの歴史

「ワット プラタート カオノーイ」はビルマ支配下の1487年にビルマとラーンナー様式が組み合わさった仏塔が建てられました。


その後タイ王国の支配下ナーン王国13代スリヤポンパリットデート (在位1894年ー1918年)は領内にある多くの寺院の修復を行いました。


そして「ワット プラタート カオノーイ」も1906年から1911年までビルマ人の職人による大規模な修復が行われ本堂の建設もされました。


境内の様子

高さ9mの高さを持つ仏像が見下ろすナーンの街並みが壮観です。

ナーン旅行

この朝日に輝く仏像の光景を見たいので寝ていた妻を叩き起こして来ました


が、、、


街並みは霧がかっており


この光景を見た妻は無言でした( ̄∇ ̄;)


また境内にはアユタヤ時代のタイの英雄ナレースワン王が祀らています。


タイでは闘鶏の文化があり勝負ことに勝つとの願いからお寺に鶏が祀られていることが多いです。


ナーンに旅行の際は「ワット プラタート カオノーイ」から眺める壮観なナーンの街並みを背景に記念写真はいかがでしょうか。

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page