top of page
  • 執筆者の写真somutamu

ペッチャブリー水産養殖試験場

タイでは漁業が盛んに行われており特にエビの養殖が有名です。


そしてベッチャブリーには漁師達への技術教育や知識を高めるために水産養殖試験場があります。



地図

開館時間:朝8時から夕方5時まで


(時間変更があります)


入場無料


入口で守衛に身分証明書を預けてください


ペッチャブリー水産養殖試験場の成り立ち

豊かな漁場があるタイランド湾では漁業は重要な産業とされていましたが、年々増え続ける燃料費などのコスト高により漁師の利益が少ないとの問題がありました。


この問題を解決するためにシリキット王妃は養殖技術による漁師の収益と市場での海産物価格の安定を目的としたプロジェクトを立ち上げ2008年1月にペッチャブリー水産養殖試験場が設立されました。


また施設内では海藻類の養殖試験も行われています。


こちらの建物ではたくさんの水槽が並んでおり、


レストランで食べたら一匹いくらになるか値段を考えたら恐ろしくなる美味しそうなエビがおり、


ナマコがあります。


タイ人はナマコを食べないので輸出用かもしれません。


この魚は食べられるのかな???


アジ科の魚も養殖されており


水槽の中をスイスイを気持ちよさそうに泳いでいました。


また施設内にはタイランド湾が一望できる場所もあり


こちらの生け簀でも養殖実験が行われており


大きな魚が泳いでいました。


タイランド湾の美しい景色を眺めることができます。


見学も終わり預けていた免許証を返してもらうために入口へ行ってみましたが返事がないため守衛所に行ってみると、、、


守衛のおじさん


平日で誰も来ないので


爆睡中!!!( ̄∇ ̄;)


「おじさーん、帰るよ」と告げるよ、


守衛のおじさんは苦笑いしながら免許証を返してくれました(^_^)

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page