top of page
  • 執筆者の写真somutamu

タークシンが植樹した松があるお寺:ワット バーン ラムン

チョンブリにあるお寺「ワット バーン ラムン」の境内にはトンブリ王朝(1767年ー1782年)の王となるタークシンが植樹した松があります。


地図


ワット バーン ラムンの境内

本堂には入れませんがこちらのお堂でお参りができます。

こちらの仏像にお参りをしてきました。


祖国解放のために

1767年にアユタヤ王国滅亡となる寸前にタイ東部ラヨーンに落ち延びたタークシンは祖国解放をすべく「ワット バーン ラムン」にて挙兵に集まった少数の兵士と共にタイ東部チャンタブリーに駐留していたビルマ軍の攻撃に成功しました。

境内にはタークシン王が植樹した松があります。


挙兵に成功した後にアユタヤを奪還したタークシンは王位に就き1767年にバンコクにてトンブリ王朝を建てました。

残念ながらトンブリ王朝はタークシン1代で終わってしまいましたが、タイの王制はチャクリー王朝に引き継がれ現在に至っています。

閲覧数:117回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 則留言


お気楽インコ 鳥天国
お気楽インコ 鳥天国
2023年9月11日

樹齢200歳以上だ!王朝は変わっても木は残っているね~

按讚
yoshiaki2007
2023年9月11日
回覆

ええ、このような木を見るとタークシン王が実在したと実感できてよかったです(*^^*)

按讚
bottom of page